2011年10月17日

ボディーカバー新調

数か月前にトラフィックさんでガラスコーティングをかけて頂いた後、ボディーカバーの新調をずっと考えていました。
我が家は野ざらし駐車場ですから、強烈な直射日光のもと確実に劣化していっていることだけは確かで、理想的には1年に一回は買い替えたいところです。
本来はコーティング後リセットしたかったのですが、新調してからさほど時間が経っていないこともあって、少し様子を見ていました。
私が使用しているアラデンのKTB2は定価25500円ですが、量販店で大体2万円程度、ネットでポチッとすれば送料込み17000円程度で購入することが出来ます。
まだ10カ月程度しか使用していませんでしたが、「よし!交換しよう!」という訳わからない熱気に包まれたので先日決行いたしました。
人によっては2年3年使えるのに・・・という方もいらっしゃるとは思いますが、たとえ10カ月でも一月当たり1700円です。その値段で愛車を守ってくれると考えればさほど痛くはありません(断言!)。
何たって我が家の野ざらし駐車場は月あたり5000円ですので、それ位払えよ・・・とすら思えます。

まずは快洗隊で綺麗にしてもらいます。

DSC02437_R.JPG

このお店ではこのお兄さん(?)が、一番上手に洗車してくれます。


DSC02439_R.JPG

そして新品のKTB2を開封!

DSC02442_R.JPG

DSC02443_R.JPG

やっぱり新品は手触りがいいですね。

DSC02444_R.JPG

このボディーカバーとは長い付き合いですので、脱着は慣れたものです。

DSC02445_R.JPG

ものの3分程度で装着完了。

DSC02446_R.JPG

DSC02447_R.JPG

さてここで今まで使っていたボディーカバーと比べてみましょう。

DSC02448_R.JPG

まず表面の状態ですが、かなり汚れていますね。並べてみるとかなりの違いです。

DSC02450_R.JPG

ただ起毛加工してある裏地に関してはあまり違いがないようです。そして生地の柔らかさですが、使用10カ月の時点ではあまり新品と違いがないことがわかりました。

このボディーカバーを長く使用している私の経験上、1年半物は劣化がはっきりとわかりますし、2年物はゴワゴワとしてかなり固くなってきます。この変化はおそらくボディーにとってかなり良くないと思っているのですが、実は使用後1年以内に変化が始まっているのではないかと内心思っていたんです。

でも思っていたより平気でした。

今回の結論です。
ボディーカバーは1年に一回買い替えるのが、野ざらし駐車場で車を保管する際の平均的なラインと思います。
月々1500円程度で車を紫外線から守れることを考えると、遠くの屋内駐車場よりずっと便利で安く済みます。ただし自宅内を含め、近くに屋内駐車場が用意出来る場合はその方が理想ですけど。

思わず貧乏症の私は二枚重ねにしてしまいました。

DSC02451_R.JPG


これはこれで良い面と悪い面がありそうですよね。皆さん、使い古しのボディーカバーはどうしているのでしょうかね。



クリックお願いします。
にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
posted by m-yamaki at 17:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 360スパイダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月29日

癒しの空間を撮影する

我が家の海水魚水槽ですが、ネット上にある様な美しい写真を撮影せよとの命が家内から発令されましたので、いつものコンデジのどうでもいいような写真ではなく、一眼レフを持ち出しました。

ネット上を眺めると、本当に素晴らしい写真が多いですね。勿論カメラの性能もあるとは思いますが、基本的には性能より腕なんですよね。正確には感性というか、センスが光る写真というものは人を引き付ける何かを持っているものです。

ということでセンスのかけらも持ち合わせていない場合はカメラの性能勝負ということになるのですが、ここで必要なものはマクロレンズです。まあ、至近距離から対象物をかなり大きく写すことのできるレンズという理解でいいと思います。
前から欲しいなあとは思いつつ先立つものも無いので手持ちのレンズに、これまた手持ちのクローズアップレンズを取りつけて無理やり撮影です。


右のお山。

DSC_0298_R.JPG

こちらは左のお山です。

DSC_0258_R.JPG

いくつかを接写してみます。
これは長期飼育が難しいと言われているハナガサ。勿論我が家で短期飼育に終わると思われます。

DSC_0206_R.JPG

こちらはマメスナギンチャク。イソギンチャクの一種のようで、私は特にこの種類を気に入っております。

DSC_0214_R.JPG

DSC_0231_R.JPG

次はウミキノコです。開いていない時は、まさに水槽内のエリンギです。
ポリプが開くと大変美しい姿を見せてくれます。

DSC_0241_R.JPG


これはバブルコーラル、別名ミズタマサンゴです。なかなか美しいサンゴですよね。猛毒で、近くに他のサンゴを置いておくとやられてしまいます。うちもウミキノコを失ってしまいました。

DSC_0232_R.JPG

撮影していたわかったことは、暗めに撮影すると綺麗に見えるということ!
水槽の汚さがわかりにくくなって、とても澄んで見えます。
マクロレンズ欲しいのですが、とりあえず満足してしまいました(笑)。


クリックお願いします。
にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


posted by m-yamaki at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海水魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月28日

ヤドカリ、ついに宿をかえる

我が家の海水魚水槽ですが、さらにウミヅタとディスクコーラルを加えました。

DSC02228_R.JPG

DSC02225_R.JPG

現在は比較的見栄えのする状態となってきております。

DSC02221_R.JPG

DSC02226_R.JPG

そんな中、以前アンパンマンの絵柄を描いた殻に、ついにヤドカリが入りました。

DSC02232_R.JPG

しばらく物色しつつ殻の大きさを見定める日々が続いておりましたが、ふと見ると既に宿をかえておりました。

DSC02231_R.JPG


記念の動画を載せておきます。



実はこの数分後には、もとの殻に戻ってしまいました。引越してみたものの新居が気に入らなかったんでしょうね。まあ、仕方がありません。


さて息子がエビをご所望されたので(私もですが・・・)、我が家にホワイトソックスがやって来ました。

DSC02268_R.JPG

かなりでかいサイズですが、これであれば、ライブロックの後ろに隠れたところで、すぐに発見できます。
水合わせを慎重に行い(本当は適当ですが・・・)、水槽内にドボンします。

DSC02270_R.JPG

ネット上の情報を参考にさせて頂くと、皆さん水合わせに何時間もかけたりされているんですね。特にエビは水質変化に弱い為、長めの水合わせをされる方が多いようです。
実際のところ、せっかちな私には30分程度が限界です。

かなり目立つ存在になりそうですが、子供達は喜んでくれました。

DSC02271_R.JPG

DSC02275_R.JPG

かなり迫力がありますね。ちょっと怖いぐらいです。ミズタマハゼ、ナンヨウハギはかなりビビっているように見えます。








クリックお願いします。
にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
posted by m-yamaki at 07:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 海水魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月27日

INDY JAPAN THE FINAL (後編)

折角袋田温泉にいるのだからということで、朝早く起きて袋田の滝に行くことにしました。
お恥ずかしながら私は全く知らなかったのですが、袋田の滝は日本の三大瀑布の一つなんだそうです。ちなみに残りの二つは華厳の滝(栃木県)と那智の滝(和歌山県) であります。

観光地の割には結構閑散としていて、心配になりました。

DSC_0313_R.JPG

袋田の滝トンネルを歩くと、数分で展望台に到着します。

DSC_0315_R.JPG

それなりのスケールですが、子供達は喜んでいました。


DSC_0003_R.JPG

DSC_0317_R.JPG

イグアスの滝とか、ナイアガラの滝、エンジェルフォールなどなど世界にはもっと凄い滝が沢山あるんだぞと思いつつ、いずれ彼ら自身の目でそれを経験してもらいたいと願いました(親心ですね・・・)。

DSC_0325_R.JPG



ちなみにこの辺りの蜘蛛はかなりでかいです。

DSC_0011_R.JPG

ネコジャラシで、巣を揺らしてみたらすごい勢いでやって来ました。もっと長いネコジャラシでいじればよかった・・・マジでビビりました。

DSC_0012_R.JPG

さて再びツインリンクもてぎを目指します。
予選があった土曜日は暑いながらも時々曇ってくれたので、金曜日よりはかなり過ごしやすい感じでした。

DSC_0013_R.JPG

娘も応援していました。



おい、俺を見て応援するな、前を見て応援しなさい。


息子はなぜか、ビニールシートをひたすら敷いていました(笑)。どうもシートの位置が気に入らなかったようです。



フリー走行ではやや調子が出なかったようですが、予選では11位と何とか順位を取り戻せてよかったです。

DSC_0333_R.JPG




帰りの駐車場では、なかなか見かけない車が・・・。

DSC02400.JPG

これって・・・ブガッティではないですか!!
なかなかお目にかかれる車ではないですからね。
昔モナコにいた際、フランスとの国境にキャプダイユという町があるのですが、そこのガソリンスタンドでいつもガソリンを給油していたんです。ある時、突然後ろにブガッティのベイロンがやってきて、そりゃもう驚きました。まあ、ハエみたいでどちらかといえば苦手な車だったんですが、好みは変わるもんで今は内角かなり低めのストライクです(なんだそりゃ)。

DSC02401.JPG


妙にうれしくなりましたが、さらに近づいた時に高齢者マーク(もみじマーク?)を発見し絶句しました。本音では剥がしてしまいたいです。

そして二日目にして感じたことは、袋田温泉まで結構距離あるなということ。宿に行くまでが結構修行でした(泣)。

そして決勝当日!

DSC02402.JPG

予想はしていましたが、かなりの混雑ぶりです。車を駐車するのに40分以上かかりました。
しかもかなりの日照り。
かなりの戦いになりそうな予感がしました(どんな戦いだ?)。

DSC02404.JPG

娘も応援フラッグを開いて準備万端です。

DSC02405.JPG

結果は10位。
レースは水ものですし、後からであればどうとでもいえるのですがレース序盤のJPオリベイラとの接触が痛かったです(オリベイラがヘアピンでとまり切れず接触)。あれがなかったら大分違った結果になっていただろうなと思います。

ちなみに娘はレース開始後数周で爆眠(おい、レーサーになるんだろ、なんで寝てるんだ!)。

DSC02414.JPG


私の家内は、F1観戦中にイヤープラグなしで平気で寝ますので、これも家系によるものでしょう。
家内曰く、「F1より音がうるさくなくていいわね!」。
なんじゃそりゃ・・・って感じです。




クリックお願いします。
にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


posted by m-yamaki at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月26日

INDY JAPAN THE FINAL (前編)

アップが遅くなりましたが、インディジャパンに行って参りました。
久々のツインリンクもてぎというだけでも、かなり気分が高揚しました。

今から7,8年前にかなりスポーツドライビングに傾倒した時期がありまして、初めてとったサーキットライセンスが、ここツインリンクもてぎだったんです。それまでは国内A級ライセンスを取る為に、筑波2000を走ったことがあったぐらいでしたから、コースのスケールや難しさに圧倒されました。

私にとっては本当に甘酸っぱい思い出なんです。ここで何度あおられ抜かれたかと思うと・・・今でも胸がしめつけられます(アホか・・・)。

私のような素人でもすぐに難しいと実感するほど、かなり奥深いサーキットだと思うんですよね。
第1コーナーから90度コーナーを抜けて最後の立体交差をくぐるセクションまで、自分的には得意なところは一つとしてなかったんですが、特に思い出に残っているのが第4コーナー。

DSC_0327_R.JPG

その当時の戦闘機FD3S(RZ)で第3コーナーの立ち上がりをミスりそのまま第4コーナーでスピン(良くあるパターンです)、エスケープゾーンに大量の砂煙とともに突っ込み前のめりに刺さってボンネットがボンっと全開。数個部品がすっ飛んでいました(泣)。
筑波でもスピンをしましたが、やっぱりスピードがあまり出ていないだけにあんまり大事にならないんですよね(最終コーナーは別ですが・・・)。もてぎは素人レベルでも容易に車壊れるところまでいきますからね。
あとは立体交差手前の90度コーナーでしょうか。
雨の日だったんですが、停まり切れず6台位まとめてエスケープゾーンの蟻地獄にはまったこともありました。今思うと無茶でした。まあ、気分はF1ドライバーでしたから(爆)。

DSC_0330_R.JPG

そんな感慨にふけりながらもてぎを目指します。
懐かしい看板が見えました。

DSC02337_R.JPG

金曜日から出撃しましたが、結構お客さんが入っていました。
とりあえず琢磨様にあいさつします(笑)。

DSC02339_R.JPG

チャリティーオークションは初めて見たのですが、結構盛り上がるんですね。入札しましたが、あっちゃり負けました(泣)。

DSC02346_R.JPG

それにしても琢磨様、凄い人気ですね。

DSC02342.JPG

サイン会は大行列で、あり得ない人数がブースに集中していました。

DSC02349_R.JPG

DSC02352_R.JPG


係の人が汗だくになって「初めの30分で120人の方しかサインを貰えておりません。現在ここまでで500人の方が列にお並びになっております。サイン会は延長されませんので、サインが貰えない可能性があります!!」と大声で叫んでいました。
いやいや貰えない可能性というか、絶対無理だろ・・・と思わず突っ込んでしましました(笑)。
まあ、それでも並ぶのです。なぜならそれがファンというものだからです。

DSC02350_R.JPG

これだけ多くのファンに支えられているということが、私としても大変嬉しかったです(なんだ、その上から目線は!!)。

フリー走行では10位。まずまずではないでしょうか。

DSC02354_R.JPG

DSC02343_R.JPG

予選に期待です。

さてインディジャパンの影響で、周辺の宿泊施設が確保できないだろうと思い、袋田温泉まで足を延ばすことにしました。
本当は福島県にと思ったのですが、そうなると自宅からもてぎに通った方が近くなるので断念しました。袋田温泉は福島県直下にあるのですが、ここならもてぎまで60km程度で、通えない距離ではありません。

向かったのは「悠久の宿 滝美館」。

DSC02355.JPG

値段が安い割には食事もきちんとしている評判の宿です。
この旅館のチャームポイントは(なんだそりゃ)、袋田温泉にありながら温泉が出ない(笑)!!
それだけでも私的にはかなりヒットです!

DSC02356.JPG

宿に着くと、女将さんが丁寧に対応して下さいました。
「子供がいるんですが、かなりうるさいんです(怪獣です)。他のお客様にご迷惑をおかけするかもしれないのですが・・・」と話すと、「心配しないで下さい。お客様以外、お泊りになる方がいませんので、どんなに泣こうがわめこうが全く問題ありません。食事も、部屋でも大広間でもどこでしていただいてもかまいません。」と言われかなり焦りました・・・。

地震の時は大変だったようで、「揺れましたよね・・・。」と聞いたら「あんた、揺れるなんてもんじゃないですよ、わたしゃ、これで死ぬんだと思いましたよ。」と。
かなりトラウマになっているみたいでした。

さて、この旅館はかなり安価でありながら食事は部屋出しをしてくれます。
子連れの時は、本当に有難いですよね。

DSC02361.JPG

DSC02359.JPG

DSC02363.JPG

DSC02364.JPG

品数も多いですし、かなり満足しました。
ちなみに翌日は全くの別メニューで、本当に努力されているのが良く分かりました。
震災関連で辛い時期だとは思いますが、頑張ってもらいたいです。




クリックお願いします。
にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

posted by m-yamaki at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。