2011年01月08日

前略  皆元気にしております


今年から諸事情ありまして、丁寧な言葉使いを心がけようと思います(笑)。
年末年始とゆったりと過ごす予定でしたが、早々に仕事が立て込んで手一杯の状況です。なんか正月休みがなかったようなあったような・・・。
今日こそは我が家に帰りたいのでありますが。

一応年初めですので、車にもお飾りを付けました。
気分の問題ですが、正月っぽいです。

DSC00516_R.JPG

購入当初、幌の調子が今一つで3回に一回くらい幌が途中でとまってしまうことがあったのですが、この頃は快調です。
壊れるとアッセンブリ交換と聞いているので、酷使するのはやめますが・・・。ちなみに150万円くらいするようです、交換すると・・・。
ちゃんと動く状態の時に幌の動画をとってみました。
今度アップしようと思います。

さて、このブログを遠方の友人が見てくれているとのことで大変感激しています。
まあ、世界的にみればこっちは極東なんですけど。

子供たちも元気に育っています。
一応、我が家の怪獣どもの動画を載せておきます。
娘はエスプレッソに砂糖を山のように入れて飲んでおります。飲ませる親もアホですが、それをおいしいといって飲み続けるこの子も・・・ですな。






クリックお願いします。

にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

posted by m-yamaki at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 360スパイダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月28日

360キダスペシャル 動画テスト

動画をアップしてみることにした。
普通のコンデジで撮った動画を変換した。
キダスペシャルはちょうど500kmほど走ったので、焼きが入って音がよくなってきている。
音量も若干大きくなってきたか。
6000回転は回していないので、まだ高音というほどではないが。
こぶしのきいた音だと思う。



クリックお願いします。

にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ



posted by m-yamaki at 08:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 360スパイダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月27日

駐車場の輪留め対策

駐車場の輪留め対策を行った。
この手のスポーツカーを輪留めに向かって前から突っ込んで駐車する人はあまりいないと思うのだが、バックで駐車する際に、やっぱり輪留めがぶつかるのだ。

DSC_0019_R.JPG

DSC_0020_R.JPG


私は結構勝負するタイプなので、今までも前から突っ込んで駐車してフロントスポイラーを結構壊している。そんな蓄積があるので、少しは成長してこの車ではちゃんとバックで駐車を義務づけている。
バックで駐車すればほとんどの車は大丈夫なのだが、360以降のフェラーリはディフューザーが輪留めに干渉してしまい、ぶつけると結構な音がする。見てみるとそんなに傷がつくわけではないのだけれど精神的ダメージは大きいわけで・・・。
F355はバックで駐車すれば干渉の問題はなかったのに。
まあ、そんなことを言っていてもしょうがないので、輪留めに緩衝材を貼りつける。
ホームセンターでコーナーパッド?のような緩衝材を購入し、その内側に強力な両面テープを貼りつけて輪留めに接着。

DSC_0021_R.JPG

そんなeasyなとお思いでしょうが、必要十分というか駐車がかなり楽になった。
今まではそろそろガリっと音がするかなと思いながら恐る恐るバックしていたけれど、加工後はドンとバックしてぶつかったら停止。
かなり便利になった。

DSC_0022_R.JPG

DSC_0023_R.JPG

DSC_0024_R.JPG

まあ、かなりeasyな対策なので雨が降ったらとれちゃったりして。


クリックお願いします。

にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
posted by m-yamaki at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 360スパイダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月23日

1歳の誕生日

息子が1歳になるということは、この車も納車して1年を迎えたということである。
ソニー損保から保険の継続手続のお知らせ。
車両保険が大幅に減額されたことが大きな要因だが、1年間の保険料が昨年から10万円も安くなった。車両保険の金額が下がるということは、車両の価値が下がっているということなので、手放しに喜べることでもないのであるが。
息子は、ある程度上手に歩けるようになったので一緒に車まで連れていく。

DSC_9710_R.JPG

DSC_9712_R.JPG

今までは歩くこともままならず、車と一緒の写真がほぼない。
これからは一緒に写真が撮れるね、さあご覧、これは君のものだよ。
どうやらお気に召された模様。

DSC_9707_R.JPG

DSC_9728_R.JPG



ああ、土足でシートに上がるなんて・・・まあ、いいか君の車だからね。

DSC_9714_R.JPG


さあ、この車を維持して息子にバトンタッチしよう、決意を新たにしたのだった。

DSC_9232_R.JPG

ちなみに娘はこの車をあまり気に入ってはいないようだ。すぐ気持ち悪くなるのだそうで…。


連日頑張ってブログを書いたので、やっと現在に追いついた。1年前からの記憶なのでところどころ正確でないところもあるかもしれないが、振り返ると色々あったんだなと思う。これからは少しゆっくりアップしていこうと思う。



クリックお願いします。

にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


posted by m-yamaki at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 360スパイダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月16日

F1マチックの実際 その2

仕組みやインプレッション関しては跳馬内燃機のジャッキゐさんのHPで詳しく解説がある(驚いたことにaria garageのメカニックさんになられたのですね)が、私的にはMT100点、F1マチックは70点。むやみにブリッピング出来なくなったこともつまらなかったし、サーキットも走れないし。でもシフトダウンはやっぱり上手だった。
355F1はミッションとエンジンのスロットルが連動していないので、シフトダウンの時にブリッピングしてあげる必要があるとよくいわれる。でも実際乗ってみると点火や燃料の制御だけで一時的に回転を上げてくれる。だから運転者が操作をしなくても思いのほかスムースにシフトダウン出来るようになっていた。
だからシフトアップの不満の方が大きかった。
フル加速中のシフトアップは現実的ではなかった。そんなことをしたらきっと脳みそが揺れて打たれたボクサーみたいなことになってしまう。
低中速の間に2速ないし3速までを確実に上げておけば、3速以降はどのタイミングでも比較的スムーズに変速出来たように思う。まあ、スパイダーなんだから、ゆったりクルージングっていう使い方がいいんじゃないかと思うわけで、現時点でもそれなりに実用に耐えるシステムといえなくもない。駄目なのは渋滞のノロノロ運転。このシチュエーションは精神的にも悪い。渋滞とF1マチックはかなり相性が悪いと断言できる。
そして360F1スパイダー。
360のF1マチックは99年から02年までのバージョンと03年以降のバージョンで2つに大別されることが多い。03年以降のF1マチックは大分利口になったとよく聞くが、これはソフトのバージョンアップによるところが大きい。
率直な感想として、通常の使用であれば実用に耐える。シフトダウンは勿論素早く不満は一切ない。シフトアップに関してはものすごく速くはないが、355の頃に比べ随分スムースになったと感じる。しかしシフトアップは運転者のアクセルワークによる調節が必要であり、このアクセルワーク一つでシフトアップは上手にもなり下手にもなる。
フル加速は相変わらず苦手である。アクセル全開の変速はお勧めできない。多少アクセルを戻して変速することが普通である。問題は渋滞。
率直に「相変わらず下手糞だなあ、お前」って感じである。
これだけ年月がたっても渋滞とF1マチックは相容れない仲であった。
ウォーン、ウォーン唸りながらストップアンドゴーを繰り返すのを見ていると、水温計の上昇(モデナは355より上がりやすいと思う)も手伝って相変わらず精神上良くないので、渋滞は極力避けた方がいいと思う。
最近、ミラコラーレさんが開発したスーパーF1マチックの話題をよく聞く。なかなか性能も良いらしく、シフトチェンジもかなりスムースらしい。値段は25万円で、工賃6万5千円となかなか高価であるが、渋滞時の制御が格段にアップするならその価値もあると思う。現在、モデナ系の値落ちが激しいので車体購入時に合わせて購入し取り付ければ、後で購入するよりは懐に響かなくてよいかとも考える。
現時点で、2004年式のF1マチックにそれなりに満足している私としては、欲しい物リストには挙がっているが、手が出ないもののひとつである。

super F1 .jpg


最後に、もう一つ気付いた点。
それは始動時のハンチング。360はアイドリングせずに発進するとウォン、ウォンと唸りながらハンチングする。MTの360に起こるのかは不明。
榎本店長曰く、これは360モデナ系の癖のようなものでアイドリングにより解決するのだそうだ。確かに3分もアイドリングすればハンチングは一切起こらない。
355の頃はアイドリングを一切しなかったが、以上の理由で現在は3分ほど、いや嘘だな、1分程度アイドリングをするようにしている。


クリックお願いします。

にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ






posted by m-yamaki at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 360スパイダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。