2011年03月30日

KEEPER LABO by 快洗隊

我が家の360スパイダーですが、ふとホイールを見るとブレーキダストで相当汚れているのがわかりました。今年の花粉の量はかなりすごいので、ボディーカバーをしていても、中にまで花粉が侵入し全体が相当汚れています。

先日我が家の近くに現れた458italia様がとっても綺麗だったことを思い出し、ちょっとしたコーティングをすることにしました。

DSC_0172_R.JPG


KEEPER LABO by 快洗隊は4つのコーティングが用意されており、私は3カ月毎に行う(最も安いともいう・・・)PURE KEEPERを好んでおります。360だとSサイズで5850円と、かなりのお手軽価格です。

DSC00848_R.JPG

DSC00849_R.JPG




洗車してもらっている最中は、暇つぶし用に置いてあるパソコンで、ボブ・ロスのお絵かき動画を見ていました。小さい頃、結構好きで見てたんですよね。今みても感動しました。

bob.jpg

DVD買いたくなりました(笑)。

さてすっかり綺麗になった360スパイダーで水切りを目的に爆走。

DSC00851_R.JPG

だんだんキダスペも板について、いい音を奏でるようになりました。コンディションは完璧です。

DSC00854_R.JPG

DSC00855_R.JPG


ちなみにF1も開幕しましたね。みんなが日本を応援してくれて感激です。

f2.jpg

f2.png

f1.jpg

jt.jpg

f3.png


個人的にはマクラーレンの復活にビビりました。流石一流チームですね。このチームの場合、シーズン前のテストでかなり遅くても、シーズン半ばまでには勝てるマシンにバージョンアップしてきます。それはとても凄いことなんですが、今シーズンのテストでの不調を見るに開幕戦でここまで追い上げてくるとは夢にも思いませんでした。流石としか言いようがないです。


そして我らが琢磨様もインディカー開幕戦セント・ピーターズバーグで5位入賞!昨年の苦労がやっと報われて嬉しいです!日本は喜んでいますよ!

tks.png

tk.png


クリックお願いします。

にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
posted by m-yamaki at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 360スパイダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月28日

コーナーストーンズへGO

なかなか訪問できなかったコナスト。お世話になっていたメカニックの布村さんの件もあり、お悔やみ申し上げる機会を持ちたいと願っておりました。

一方、職場の友人がこの度F355とNSXを同時に手放し、360モデナへのステップアップを望んでいたので、榎本店長には極上のジアロモデナ(6MT)を探してもらっておりました。そんな中、極上モデナしかもスポーツシート付きという素晴らしい個体の入庫情報が友人のもとに届き、ならば私も行かんとばかりにご一緒させていただきました。

久しぶりに360スパイダーで発進・・・と行きたかったのですが、東名が渋滞していることがわかっていたのでアルファ156に友人を乗せて出発。
F1マチックで渋滞を進むのは、かなり精神衛生上良くないです。
山手トンネル内はかなりの事故渋滞で、コナスト到着までに2時間半を要しました。もはやぐったりです(泣)。

DSC00737_R.JPG

到着すると、榎本店長も元気そう。色々心労はあると思いますが気丈にお仕事をされていました。
そして2000年式15000キロ、スポーツシート付きの極上のジアロモデナを拝見しました。

DSC00741_R.JPG



外装内装ともにビカビカで、スポーツシートはサイドサポートの傷も皆無です。外装には飛び石すらなく、かなりの上物であることがわかりました。6MTであることも素晴らしい。

DSC00748_R.JPG

DSC00745_R.JPG

友人の喜びの笑顔と、だらしない姿をご覧ください(笑)。

DSC00738_R.JPG

マフラーはMSレーシングで、切り替えスイッチなしの爆音タイプ。
アイドリングも結構な音です。



そしてなかなかの炸裂音です。



店内にはいち早く入庫していた友人の前愛車355の姿も。

DSC00753_R.JPG

黄色のキャリパーペイントが懐かしいです。今回のジアロモデナはキャリパーが黒なので、これは再びマックスクラフトさんで塗装していただく方向です(てかっ、お前が決めるな)。

DSC00756_R.JPG

店内にはカウンタック、512TR、マラネロ、355などがありました。

DSC00759_R.JPG

このマラネロの色は、カルフォルニアなんかで走っていると大変素敵ですね。


DSC00760_R.JPG

今回も激安価格で販売していただき、榎本店長には感謝感激です。友人のにやけっぱなしでございました。

DSC00740_R.JPG

帰りにガソリンスタンドで給油。私の156も大変美しいです。

DSC00765_R.JPG


ちなみに帰りも事故渋滞に巻き込まれました。3時間半かかりました。死にそうです。

DSC00767_R.JPG



クリックお願いします。

にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ







posted by m-yamaki at 00:35| Comment(4) | TrackBack(0) | 360スパイダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月12日

日々の点検

しばらく360スパイダーを動かしていないので、様子をうかがいに出かけました。
雪が降る前の話ですが・・・。

新燃岳の噴火が毎日のように報道され、現地の方々のことを思うと大変お気の毒なのですが、我が愛車のボディーカバーもかなりの汚さです。
一瞬火山灰がここまで飛んできているのではないかとさえ思いました。

DSC00655_R.JPG

DSC00656_R.JPG

ふと思い立ってラジエターサブタンクの水の量をみてみました。

DSC00660_R.JPG


指を突っ込んでみて、人差し指が水面に触れたのでOKとしました。

DSC00661_R.JPG

355を購入した同僚には、走る前は毎回ラジエターの水量をチェックし、走行後、緩暖の状態で、オイルの量をチェックするようになどと偉そうなことを言っている割には、自分のこととなるとかなりの頻度でノーチェックでございました。
いかん、いかん。

ラジエターサブタンクに関しては、水を追加する際にギリギリまで注水してキャップを閉めます。
毎回水を用意していないので、ただチェックする時は、指を突っ込んで水面に触ればOKと判断しています(根拠なし)。

オイルの量は、走り終わってエンジンを切った直後にすぐチェックするようにしています。
といってもほとんどチェックすることはないのですが。
レベルゲージを引き上げても、はっきりわからないことが多いのですが、布巾で一回ゲージを拭いて、その後もう一度差し込んでみるとはっきりオイルの量を知ることが出来ます。
LOWとMAXの間にあればそれでOKです。


久しぶりにキダスペ全開を楽しみました。キダスペ自体も徐々に焼きが入ってきた感じがします。

DSC00658_R.JPG

8000回転位まで回した音を動画でアップしてみます。やっぱり355とは大分音質が違いますが、これはこれでいい音と思います。



かつての355の動画も見つかりました。
やっぱり音質がかなり違います。ツインリンクもてぎのストレートですが、かなりのビビり具合ですね。この頃はA級ライセンスとったり(誰でもとれますが・・・)、ドラテクを磨きたい一心でした。




さて話は変わりますが、思わず底のアンダーカバーを撮影してしまいました。
アルファ156のように、大穴があいていなくてよかったです(泣)。

DSC00678_R.JPG

家に帰ったら、息子が遊んでいました。
とても楽しそうです・・・って、お前何しているんだ!
障子を破るんじゃない!!!

DSC00682_R.JPG

怒ったら泣きました。
こっちも泣きそうです。

DSC00684_R.JPG


クリックお願いします。

にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
posted by m-yamaki at 10:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 360スパイダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月31日

イモビライザー

イモビライザーの解除をし損ねてエンジンがかからず、ちょっと恥ずかしい思いをすることがあります。
オートロックは便利とは思いますが、個人的にはイモビは苦手です。
初めて買った355はPRモデルの中では初期物で、イモビライザーがついていなかったんです。
でも窃盗団にとって余りフェラーリはおいしくないからほとんど盗難はないと聞いていたので(とはいっても時々あるようですから用心に越したことはないのですが・・・)、その当時からあまり盗難対策を考えたことはありません。保険も入っていますしね。
ただ次に購入した355F1スパイダーはXRモデルだったので、当然イモビライザーがついていました。折角ですからキルスイッチを切らずイモビが作動している状態にするわけですが、こうしてしまうとバッテリーがすぐ上がってしまいます。おかげで私はローダーのお世話になったことがあります。
このイモビライザーですが、解除するのはリモコンのボタンを押すだけです。
ところが私の場合教わり方が良くなかった(っていうか説明書読め)。
はじめて355を購入した時は榎本店長も納車時に色々説明してくれましたが、2回目以降はほぼ説明がありません(笑)。
355F1スパイダーの納車でいわれたことは、「この車、イモビがついてるんですよね。これ失くさないでくださいね。面倒ですから。乗り込んでエンジンかからなかったらボタンを押して下さい。そしたらかかるようになります。ねっ?」で全てです。F1マチックの説明を受けたこともないです(笑)。まあ、私的にはそれで充分ですけど。
そしてその忠告をきちっと守り、オートロックを解除してエンジンがかからなかったらボタンを押すという作業をずっとしていたんです。
でもって360スパイダーです。
勿論イモビの説明なんてありませんから、355の頃と同じようにエンジンがかからなかったらボタンを押して・・・を繰り返しておりました。
でもこれって私の勘違いですね。
360のコンソール左側にある赤のランプの状況で、イモビが作動しているのか、解除されているのかがわかる仕組みになっていたのです!!!
しし、知らなかった!!!!(だから説明書読め!)




オートロックを解除して車内に入り、赤ランプが点滅していたらまだイモビ作動中で、もう一回ボタンを押す必要があります。押さずに赤ランプ点滅のままエンジンをかけようとしてもエンジンはかかりません。
ボタンを押すことにより、赤ランプは点滅から完全に消灯になります。そこでイグニッションをONにすると常時点灯となってエンジンがかかります。
なんだ、そうなってたんだ!まさに目から鱗とはこのことですな。



おそらく355のイモビもそうなっていたんだと確信しました。今さら手遅れですけど。

まあ私の車は家内か子供か友人ぐらいしか乗りませんからどうってことはないのですが、隣に意中の女性を乗せる都合のある方はお気を付け下さい。エンジンがかからないってのは、若干格好悪いですからね。


クリックお願いします。

にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ







posted by m-yamaki at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 360スパイダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月26日

幌の開閉(現在のところ正常)

寒い日が続きますね。
先日久しぶりに、360スパイダーを動かしました。寒いと手が悴んで、なかなかボディーカバーをはがすのが面倒になるんですよね(なんだそりゃ)。
暑くても寒くても、やや敷居が高くなります。
ボディーカバーにも霜が降りていました。季節を感じますね。
DSC_0048_R.JPG


この前、幌の開閉の動画を撮ったんですが、seesaaで認められているサイズよりも大きくなってしまってブログに貼りつけることができませんでした。既にMP4形式だったので、さらに縮小するやり方もわからず・・・。
そこで携帯で動画をもう一度撮り直しました。



購入後、しばらく調子が悪かったんですが、最近は大丈夫なようです。
納車時に、再調整したと榎本店長がおっしゃっていたので、少し調子の悪さがあったのかもしれません。
幌を開けている最中に動作が止まってしまうので、そうなるとまわりの視線も集まって、かなりビビります。
しかしながら、「動作が止まったらその時考えよう!」みたいな軽いノリで生きていますので、信号待ちとかで果敢に幌を開けたりしております。「今日の運勢を占おう」みたいな感じですね。
最近はずっと「凶」が出ることはありません。
今度は閉めてみます。



これも問題ないですね。
幌の動作としては逆になる以外は全て同じなので動画を載せる意味は全くないですな。


クリックお願いします。

にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
posted by m-yamaki at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 360スパイダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。