2011年11月28日

祝 息子が2歳に

息子が2歳になりました。
この頃は自分で買い物も出来るようになりました。

DSC02552_R.JPG

基本ママが大好きですが、時々私とも遊んでくれます(泣)。

まだ2歳で何が欲しいかもその時次第ですが、犬を買う訳にはいかないのでカクレクマノミのペアを購入することにしました。
カクレクマノミのことは「ニモ!ニモ!」といって喜んでくれますからね。

どこで購入するか悩みましたが、定期的に入荷をしている「ペンギンビレッジ」にお願いすることにしました。まあちょっと価格が高めではありますが、有名店ですし安心感があります。

DSC_0203_R.JPG

誕生日祝い当日、息子が目覚めたら水槽内にニモが泳いでいるようにするため、前日夜の閉店ギリギリにニモを購入です。

DSC_0205_R.JPG

ちなみに店内での撮影は禁だそうです。この後私は怒られました(泣)。

既に売約済みとなっているこのペア(トリートメント済み)を持ち帰る予定だったのですが、当日入荷したばかりのスーパーオレンジのペアがどうしても欲しくなって急遽変更!


DSC_0206_R.JPG

ついに我が家にカクレクマノミのペアをお迎えしました!

DSC_0208_R.JPG

DSC_0210_R.JPG

「いないいないばあっ」のわんわんとうーたんのケーキです。

DSC_1521_R.JPG


なんだか息子の顔も私に似てきた気がしました。やはり蛙の子は蛙ですね。

DSC_1528_R.JPG

DSC_1529_R.JPG




この日はそれぞれの両親を呼んで誕生日祝いをした為、後日家族4人だけでもう一度お祝いをしました(なぜだ?)。


ケーキはアンパンマンです。

DSC_1562_R.JPG

娘だけはいつもカメラ目線です(笑)。

DSC_1559_R.JPG

良い写真が撮れました。

DSC_1572_R.JPG

プレゼントにお揃いのポロシャツをあげました。
喜んでいました(笑)。

DSC_1580_R.JPG



クリックお願いします。
にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

posted by m-yamaki at 08:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月23日

世界の名犬牧場、再び・・・。

息子は本当に犬が好きでして、我が家には犬のぬいぐるみや、シールなどであふれております。そんなに好きなら犬とお散歩しようということで、群馬県にある「世界の名犬牧場」に連れて行きました。

ミニチュアダックスをレンタルしたかったのですが、あいにく2匹とも接客中(キャバクラか!)。

それならチワワにしようということになったのですが、お目当ての子は休憩中(だからキャバクラか!)。

今ならポリンキーちゃんがあいていますが・・・とボーイさん(だからっ!!!!)。
夜のお店と何も変わらないその様子に夫婦共々かなりウケました。
ちなみに「延長されますか?」と勿論聞かれますよ(笑)。


さて息子は、嬉しくて大はしゃぎです。

DSC_0040_R.JPG


DSC_0080_R.JPG


ただ犬の力の方が強いので、「犬のお散歩」というよりは「犬にお散歩させられてる子供」といった感じになっていました。

DSC_0069_R.JPG


DSC_0062_R.JPG

DSC_0052_R.JPG

先日、私の幼少時のシャツを記念にとのことで親がくれたのですが、それを着て走り回る息子の姿が感慨深かったです。


DSC_0041_R.JPG

DSC_0088_R.JPG



クリックお願いします。
にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
posted by m-yamaki at 13:23| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月15日

フォリオリーナ・デッラ・ポルタ・フォルトゥーナ

「食べログ」というサイトのことは勿論皆さんご存じだと思います。
我が家でも時々利用しますし、比較的このサイトの点数は信頼できると思っております。
その「食べログ」で軽井沢に4.43という高得点を獲得するイタリア料理店があるとのことで前々から興味を持っておりました。
良くお伺いする四谷の「すし匠」の中澤さんから行ってみたらと紹介してもらったのが一番のきっかけですが、ついにその機会に恵まれました。

店の名はフォリオリーナ・デッラ・ポルタ・フォルトゥーナ。

かなり長い名前ですね(笑)。
一日一組しかお客を取らないようで、値段もかなりのお値段です。
本当は大人4人以上から予約を受け付けて頂けるようなのですが、今回は無理をお願いして家内と私の二人でお邪魔しました。子供がいると落ち着いて食事なんて出来ませんからね。

場所は最近すっかりご無沙汰になっている「星のや」の近くです。

DSC02465_R.JPG

星野リゾートは相変わらず快進撃を続けているようですね。新ブランド「界」もかなり繁盛しているとの話を聞きました。

タクシーで行く際は「塩壷温泉ホテル入り口前の小林さんの店」で通じるようですが、ぱっと見はそこにレストランがあるとは想像もつきません。
別荘をレストランとして利用した店・・・というのが正しい表現のように思います。

DSC02466_R.JPG

オーナーの小林さんはメニューひとつひとつをかなり丁寧に説明してくれます。

DSC02467_R.JPG

そしてこの店で最も有名なのは、もしかしたらこのかなり丁寧で長い説明かもしれません。
かなり早口なので、どこで息継ぎをしているのかちょっと心配になります(笑)。
「すし匠」の中澤さんからこの「丁寧な説明」の話を聞いていたので、耐性は充分だと思っていたのですが、いざ始まってみると思わずふきました。笑いをこらえるだけで必死です(笑)。

DSC02468_R.JPG

DSC02469_R.JPG

メニューは、猪やハト、ウズラなど中々癖のあるものが出てきましたが、かなり上手に調理されているなと感じました。

DSC02470_R.JPG

DSC02471_R.JPG

DSC02472_R.JPG

普通ではなかなか上手に仕上げられない困難な食材を、力でねじ伏せて「どうだー!」という感じで出してくる剛球タイプの料理人に感じました。小林さんご本人は、ぱっと見そんな感じじゃないんですけどね、料理には内なる炎を感じます。

DSC02473_R.JPG

ワインのチョイスも良かったです。かなり酔っ払いました。
翌日ふと見上げると紅葉もスタートしていました(記事に時差があってすみません)。
秋ですね。

DSC02475_R.JPG

クリックお願いします。
にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


posted by m-yamaki at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月27日

INDY JAPAN THE FINAL (後編)

折角袋田温泉にいるのだからということで、朝早く起きて袋田の滝に行くことにしました。
お恥ずかしながら私は全く知らなかったのですが、袋田の滝は日本の三大瀑布の一つなんだそうです。ちなみに残りの二つは華厳の滝(栃木県)と那智の滝(和歌山県) であります。

観光地の割には結構閑散としていて、心配になりました。

DSC_0313_R.JPG

袋田の滝トンネルを歩くと、数分で展望台に到着します。

DSC_0315_R.JPG

それなりのスケールですが、子供達は喜んでいました。


DSC_0003_R.JPG

DSC_0317_R.JPG

イグアスの滝とか、ナイアガラの滝、エンジェルフォールなどなど世界にはもっと凄い滝が沢山あるんだぞと思いつつ、いずれ彼ら自身の目でそれを経験してもらいたいと願いました(親心ですね・・・)。

DSC_0325_R.JPG



ちなみにこの辺りの蜘蛛はかなりでかいです。

DSC_0011_R.JPG

ネコジャラシで、巣を揺らしてみたらすごい勢いでやって来ました。もっと長いネコジャラシでいじればよかった・・・マジでビビりました。

DSC_0012_R.JPG

さて再びツインリンクもてぎを目指します。
予選があった土曜日は暑いながらも時々曇ってくれたので、金曜日よりはかなり過ごしやすい感じでした。

DSC_0013_R.JPG

娘も応援していました。



おい、俺を見て応援するな、前を見て応援しなさい。


息子はなぜか、ビニールシートをひたすら敷いていました(笑)。どうもシートの位置が気に入らなかったようです。



フリー走行ではやや調子が出なかったようですが、予選では11位と何とか順位を取り戻せてよかったです。

DSC_0333_R.JPG




帰りの駐車場では、なかなか見かけない車が・・・。

DSC02400.JPG

これって・・・ブガッティではないですか!!
なかなかお目にかかれる車ではないですからね。
昔モナコにいた際、フランスとの国境にキャプダイユという町があるのですが、そこのガソリンスタンドでいつもガソリンを給油していたんです。ある時、突然後ろにブガッティのベイロンがやってきて、そりゃもう驚きました。まあ、ハエみたいでどちらかといえば苦手な車だったんですが、好みは変わるもんで今は内角かなり低めのストライクです(なんだそりゃ)。

DSC02401.JPG


妙にうれしくなりましたが、さらに近づいた時に高齢者マーク(もみじマーク?)を発見し絶句しました。本音では剥がしてしまいたいです。

そして二日目にして感じたことは、袋田温泉まで結構距離あるなということ。宿に行くまでが結構修行でした(泣)。

そして決勝当日!

DSC02402.JPG

予想はしていましたが、かなりの混雑ぶりです。車を駐車するのに40分以上かかりました。
しかもかなりの日照り。
かなりの戦いになりそうな予感がしました(どんな戦いだ?)。

DSC02404.JPG

娘も応援フラッグを開いて準備万端です。

DSC02405.JPG

結果は10位。
レースは水ものですし、後からであればどうとでもいえるのですがレース序盤のJPオリベイラとの接触が痛かったです(オリベイラがヘアピンでとまり切れず接触)。あれがなかったら大分違った結果になっていただろうなと思います。

ちなみに娘はレース開始後数周で爆眠(おい、レーサーになるんだろ、なんで寝てるんだ!)。

DSC02414.JPG


私の家内は、F1観戦中にイヤープラグなしで平気で寝ますので、これも家系によるものでしょう。
家内曰く、「F1より音がうるさくなくていいわね!」。
なんじゃそりゃ・・・って感じです。




クリックお願いします。
にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


posted by m-yamaki at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月26日

INDY JAPAN THE FINAL (前編)

アップが遅くなりましたが、インディジャパンに行って参りました。
久々のツインリンクもてぎというだけでも、かなり気分が高揚しました。

今から7,8年前にかなりスポーツドライビングに傾倒した時期がありまして、初めてとったサーキットライセンスが、ここツインリンクもてぎだったんです。それまでは国内A級ライセンスを取る為に、筑波2000を走ったことがあったぐらいでしたから、コースのスケールや難しさに圧倒されました。

私にとっては本当に甘酸っぱい思い出なんです。ここで何度あおられ抜かれたかと思うと・・・今でも胸がしめつけられます(アホか・・・)。

私のような素人でもすぐに難しいと実感するほど、かなり奥深いサーキットだと思うんですよね。
第1コーナーから90度コーナーを抜けて最後の立体交差をくぐるセクションまで、自分的には得意なところは一つとしてなかったんですが、特に思い出に残っているのが第4コーナー。

DSC_0327_R.JPG

その当時の戦闘機FD3S(RZ)で第3コーナーの立ち上がりをミスりそのまま第4コーナーでスピン(良くあるパターンです)、エスケープゾーンに大量の砂煙とともに突っ込み前のめりに刺さってボンネットがボンっと全開。数個部品がすっ飛んでいました(泣)。
筑波でもスピンをしましたが、やっぱりスピードがあまり出ていないだけにあんまり大事にならないんですよね(最終コーナーは別ですが・・・)。もてぎは素人レベルでも容易に車壊れるところまでいきますからね。
あとは立体交差手前の90度コーナーでしょうか。
雨の日だったんですが、停まり切れず6台位まとめてエスケープゾーンの蟻地獄にはまったこともありました。今思うと無茶でした。まあ、気分はF1ドライバーでしたから(爆)。

DSC_0330_R.JPG

そんな感慨にふけりながらもてぎを目指します。
懐かしい看板が見えました。

DSC02337_R.JPG

金曜日から出撃しましたが、結構お客さんが入っていました。
とりあえず琢磨様にあいさつします(笑)。

DSC02339_R.JPG

チャリティーオークションは初めて見たのですが、結構盛り上がるんですね。入札しましたが、あっちゃり負けました(泣)。

DSC02346_R.JPG

それにしても琢磨様、凄い人気ですね。

DSC02342.JPG

サイン会は大行列で、あり得ない人数がブースに集中していました。

DSC02349_R.JPG

DSC02352_R.JPG


係の人が汗だくになって「初めの30分で120人の方しかサインを貰えておりません。現在ここまでで500人の方が列にお並びになっております。サイン会は延長されませんので、サインが貰えない可能性があります!!」と大声で叫んでいました。
いやいや貰えない可能性というか、絶対無理だろ・・・と思わず突っ込んでしましました(笑)。
まあ、それでも並ぶのです。なぜならそれがファンというものだからです。

DSC02350_R.JPG

これだけ多くのファンに支えられているということが、私としても大変嬉しかったです(なんだ、その上から目線は!!)。

フリー走行では10位。まずまずではないでしょうか。

DSC02354_R.JPG

DSC02343_R.JPG

予選に期待です。

さてインディジャパンの影響で、周辺の宿泊施設が確保できないだろうと思い、袋田温泉まで足を延ばすことにしました。
本当は福島県にと思ったのですが、そうなると自宅からもてぎに通った方が近くなるので断念しました。袋田温泉は福島県直下にあるのですが、ここならもてぎまで60km程度で、通えない距離ではありません。

向かったのは「悠久の宿 滝美館」。

DSC02355.JPG

値段が安い割には食事もきちんとしている評判の宿です。
この旅館のチャームポイントは(なんだそりゃ)、袋田温泉にありながら温泉が出ない(笑)!!
それだけでも私的にはかなりヒットです!

DSC02356.JPG

宿に着くと、女将さんが丁寧に対応して下さいました。
「子供がいるんですが、かなりうるさいんです(怪獣です)。他のお客様にご迷惑をおかけするかもしれないのですが・・・」と話すと、「心配しないで下さい。お客様以外、お泊りになる方がいませんので、どんなに泣こうがわめこうが全く問題ありません。食事も、部屋でも大広間でもどこでしていただいてもかまいません。」と言われかなり焦りました・・・。

地震の時は大変だったようで、「揺れましたよね・・・。」と聞いたら「あんた、揺れるなんてもんじゃないですよ、わたしゃ、これで死ぬんだと思いましたよ。」と。
かなりトラウマになっているみたいでした。

さて、この旅館はかなり安価でありながら食事は部屋出しをしてくれます。
子連れの時は、本当に有難いですよね。

DSC02361.JPG

DSC02359.JPG

DSC02363.JPG

DSC02364.JPG

品数も多いですし、かなり満足しました。
ちなみに翌日は全くの別メニューで、本当に努力されているのが良く分かりました。
震災関連で辛い時期だとは思いますが、頑張ってもらいたいです。




クリックお願いします。
にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

posted by m-yamaki at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。