2011年12月05日

最近のレッドシーマックス

それなりに賑やかになったレッドシーマックスですが、夜間のブルーLEDが暗い為、夜間のサンゴを楽しむことが出来ません。

DSC_1821_R.JPG

そこでマヴィという水中LED灯を導入しました。新品は17000円程度ですが、ここは倹約精神で中古品をヤフオクでゲットしました。
スローシャッターなのでややぶれていますが、大体写真のような夜のサンゴ礁を楽しむことが出来るようになりました。


DSC_1546_R.JPG


カクレクマノミもそれなりに元気にしています。

DSC_1535_R.JPG


DSC_1541_R.JPG

こちらはハタタテハゼで、1000円程度の比較的安価な魚ですが、とても美しいので気に入っています。家内が最も気に入っている海水魚です。

DSC_1496_R.JPG

DSC_1500_R.JPG

サンゴはフィジー産のクダサンゴを導入しました。やや高価なサンゴですが、フィジー産は本当に美しいです。


DSC_1531_R.JPG

そして我が家、というよりは私のアイドル、イエローヘッドジョーです。

DSC_1536_R.JPG


目が合いました。

DSC_1537_R.JPG

子供達の次に可愛いです(笑)。


クリックお願いします。
にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ



posted by m-yamaki at 20:48| Comment(4) | TrackBack(0) | 海水魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月29日

癒しの空間を撮影する

我が家の海水魚水槽ですが、ネット上にある様な美しい写真を撮影せよとの命が家内から発令されましたので、いつものコンデジのどうでもいいような写真ではなく、一眼レフを持ち出しました。

ネット上を眺めると、本当に素晴らしい写真が多いですね。勿論カメラの性能もあるとは思いますが、基本的には性能より腕なんですよね。正確には感性というか、センスが光る写真というものは人を引き付ける何かを持っているものです。

ということでセンスのかけらも持ち合わせていない場合はカメラの性能勝負ということになるのですが、ここで必要なものはマクロレンズです。まあ、至近距離から対象物をかなり大きく写すことのできるレンズという理解でいいと思います。
前から欲しいなあとは思いつつ先立つものも無いので手持ちのレンズに、これまた手持ちのクローズアップレンズを取りつけて無理やり撮影です。


右のお山。

DSC_0298_R.JPG

こちらは左のお山です。

DSC_0258_R.JPG

いくつかを接写してみます。
これは長期飼育が難しいと言われているハナガサ。勿論我が家で短期飼育に終わると思われます。

DSC_0206_R.JPG

こちらはマメスナギンチャク。イソギンチャクの一種のようで、私は特にこの種類を気に入っております。

DSC_0214_R.JPG

DSC_0231_R.JPG

次はウミキノコです。開いていない時は、まさに水槽内のエリンギです。
ポリプが開くと大変美しい姿を見せてくれます。

DSC_0241_R.JPG


これはバブルコーラル、別名ミズタマサンゴです。なかなか美しいサンゴですよね。猛毒で、近くに他のサンゴを置いておくとやられてしまいます。うちもウミキノコを失ってしまいました。

DSC_0232_R.JPG

撮影していたわかったことは、暗めに撮影すると綺麗に見えるということ!
水槽の汚さがわかりにくくなって、とても澄んで見えます。
マクロレンズ欲しいのですが、とりあえず満足してしまいました(笑)。


クリックお願いします。
にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


posted by m-yamaki at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海水魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月28日

ヤドカリ、ついに宿をかえる

我が家の海水魚水槽ですが、さらにウミヅタとディスクコーラルを加えました。

DSC02228_R.JPG

DSC02225_R.JPG

現在は比較的見栄えのする状態となってきております。

DSC02221_R.JPG

DSC02226_R.JPG

そんな中、以前アンパンマンの絵柄を描いた殻に、ついにヤドカリが入りました。

DSC02232_R.JPG

しばらく物色しつつ殻の大きさを見定める日々が続いておりましたが、ふと見ると既に宿をかえておりました。

DSC02231_R.JPG


記念の動画を載せておきます。



実はこの数分後には、もとの殻に戻ってしまいました。引越してみたものの新居が気に入らなかったんでしょうね。まあ、仕方がありません。


さて息子がエビをご所望されたので(私もですが・・・)、我が家にホワイトソックスがやって来ました。

DSC02268_R.JPG

かなりでかいサイズですが、これであれば、ライブロックの後ろに隠れたところで、すぐに発見できます。
水合わせを慎重に行い(本当は適当ですが・・・)、水槽内にドボンします。

DSC02270_R.JPG

ネット上の情報を参考にさせて頂くと、皆さん水合わせに何時間もかけたりされているんですね。特にエビは水質変化に弱い為、長めの水合わせをされる方が多いようです。
実際のところ、せっかちな私には30分程度が限界です。

かなり目立つ存在になりそうですが、子供達は喜んでくれました。

DSC02271_R.JPG

DSC02275_R.JPG

かなり迫力がありますね。ちょっと怖いぐらいです。ミズタマハゼ、ナンヨウハギはかなりビビっているように見えます。








クリックお願いします。
にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
posted by m-yamaki at 07:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 海水魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月04日

水槽立ち上げ その6  重度の生体入れたい病に・・・

もはや病状は悪化の一途をたどります。
海水魚飼育の経験者様からはかなりお叱りを受けそうな展開ですが、さらにどんどん生体を追加しております。
アンモニア・亜硝酸もわずかではありますが検出されている状態でして、ここは自分で戒めなければならないタイミングなのですが、病気とは怖いもんですね。もはや盲目となっておりまして、前進あるのみです(笑)。

流石に少し心配になってきたので、バイコムという会社から発売されているバクテリアを購入し、水槽内に散布しました。少しはこれで落ち着いてくれるといいのですが・・・。

サンゴはさらにオオバナサンゴ、マメスナギンチャクを追加。ディスプレイの補助としてフジツボの殻も手に入れました。

DSC02166_R.JPG

DSC02161_R.JPG

DSC02162_R.JPG


加えて、イエローヘッドジョー、ナンヨウハギ、ミズタマハゼ、ハタタテネジリンボウ、ランドールピストルシュリンプが投入されました。

ハタタテネジリンボウはランドールピストルシュリンプと共生するはずなのですが、二人とも投入後一夜にして姿を消し去り、現在安否不明です。心配です。

DSC02164_R.JPG

ミズタマハゼ、ナンヨウハギは家内と子供たちのお気に入りです。
小さなナンヨウハギはかなりリスクが高いと思いますが、なぜか購入してしまいました。

DSC02149_R.JPG

DSC02170_R.JPG



そしてイエローヘッドジョー。私のお気に入りです。

DSC02165_R.JPG

癒されますね。運よく、水槽前面に巣を作ってくれました。この巣にヤドカリやらマガキガイが侵入するので、それを取り除く(正確には遠くに放流)のが私の日課です。



水槽の全景を動画で撮ってみました。
個人的にはいい感じになってきたと思っています。



ライブロックからは様々な生命体が出現しているようです。
ある時、ウミケムシの存在に気付き、マジでビビりました。いつか駆除してやろうと考えています。




さて、実家の両親に孫の顔を見せに行ったところ、私が子供の時に使っていた服をくれました。

DSC02141_R.JPG

なんか感慨深いですね。
綴りが微妙に違っているところが痛いですね。時代を感じます。

親のありがたみは充分骨身に染みているんですけど、我が子を思う気持ちを知った今、両親への感謝の気持ちはとても言葉では表しきれないです。頑張って親孝行しなきゃいけませんね。


クリックお願いします。

にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ



posted by m-yamaki at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 海水魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月01日

水槽立ち上げ その5  ライブロック追加投入

もはやセオリーを無視して生体投入を続けているので、どこまでが立ち上げで、どこからが維持なのかが全く分かりません。ビギナーズラックと言っていいのかもしれませんが、今のところは追加した生体も皆元気で、当初に比べれば少しサンゴ水槽っぽくなってきたと思います。

DSC02096_R.JPG

DSC02099_R.JPG

DSC02100_R.JPG


個人的には中央の「ウミキノコ」がかなりお気に入りです。
ポリプがのびると大変美しいのですが、これが一度ひっこんでしまうと、まさにキノコです。正確にはエリンギでしょうか。そのギャップが最高に素敵です。

DSC02109_R.JPG

DSC02104_R.JPG

ただ素人目にもライブロックが少なくてなんか格好がよくない気がしたので(特に右の山)、追加購入をする為、八潮にあるB-BOXさんにお邪魔しました。

DSC02124_R.JPG

前回ライブロックは川越の「しんせつ」さんで購入しましたが、カーリーと呼ばれる有害なイソギンチャクが付着していることがわかったので、今回はそのカーリーを食してくれる「ペパーミントシュリンプ」も同時購入です。

DSC02067_R.JPG

まあ、実際食べてくれるかは個体差があるようですし、カーリーというそのイソギンチャクがそこまで毛嫌いされるほど本当に悪者なのかは私にはわかりませんが、まあ、エビが欲しいなって・・・つまるところそう思った訳です。

ライブロックは4キロほど追加購入。

DSC02125_R.JPG

ペパーミントシュリンプは3匹購入しました。そのうちの1匹は他に比べて体が小さく、ちょっと弱々しい感じだったので心配しておりましたが、その後1週間ほどでハナガササンゴ(真ん中のふさふさしたやつです)に喰われました。

DSC02130_R.JPG


ハナガササンゴからひげが生えていると思い、箸でつまんだらエビの殻の部分だけがハナガサのポリプから出てきたので間違いありません。いやあ、恐ろしいですね。

さて、懲りもせず更に3個、サンゴを買ってきてしまいました。マメスナギンチャク、ツツマルハナサンゴ、アワサンゴです。

DSC02126_R.JPG

これらの投入により、なんかかなりいい感じになってきた気がします。ライブロックもボリュームが増して、すこし重厚感が出てきました。

DSC02129_R.JPG

DSC02128_R.JPG

DSC02127_R.JPG



もはや「生体入れたい病」が蔓延して、どうにも止まりません。


クリックお願いします。

にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


posted by m-yamaki at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 海水魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。