2011年09月29日

癒しの空間を撮影する

我が家の海水魚水槽ですが、ネット上にある様な美しい写真を撮影せよとの命が家内から発令されましたので、いつものコンデジのどうでもいいような写真ではなく、一眼レフを持ち出しました。

ネット上を眺めると、本当に素晴らしい写真が多いですね。勿論カメラの性能もあるとは思いますが、基本的には性能より腕なんですよね。正確には感性というか、センスが光る写真というものは人を引き付ける何かを持っているものです。

ということでセンスのかけらも持ち合わせていない場合はカメラの性能勝負ということになるのですが、ここで必要なものはマクロレンズです。まあ、至近距離から対象物をかなり大きく写すことのできるレンズという理解でいいと思います。
前から欲しいなあとは思いつつ先立つものも無いので手持ちのレンズに、これまた手持ちのクローズアップレンズを取りつけて無理やり撮影です。


右のお山。

DSC_0298_R.JPG

こちらは左のお山です。

DSC_0258_R.JPG

いくつかを接写してみます。
これは長期飼育が難しいと言われているハナガサ。勿論我が家で短期飼育に終わると思われます。

DSC_0206_R.JPG

こちらはマメスナギンチャク。イソギンチャクの一種のようで、私は特にこの種類を気に入っております。

DSC_0214_R.JPG

DSC_0231_R.JPG

次はウミキノコです。開いていない時は、まさに水槽内のエリンギです。
ポリプが開くと大変美しい姿を見せてくれます。

DSC_0241_R.JPG


これはバブルコーラル、別名ミズタマサンゴです。なかなか美しいサンゴですよね。猛毒で、近くに他のサンゴを置いておくとやられてしまいます。うちもウミキノコを失ってしまいました。

DSC_0232_R.JPG

撮影していたわかったことは、暗めに撮影すると綺麗に見えるということ!
水槽の汚さがわかりにくくなって、とても澄んで見えます。
マクロレンズ欲しいのですが、とりあえず満足してしまいました(笑)。


クリックお願いします。
にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


posted by m-yamaki at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海水魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/228014529

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。