2011年09月04日

水槽立ち上げ その6  重度の生体入れたい病に・・・

もはや病状は悪化の一途をたどります。
海水魚飼育の経験者様からはかなりお叱りを受けそうな展開ですが、さらにどんどん生体を追加しております。
アンモニア・亜硝酸もわずかではありますが検出されている状態でして、ここは自分で戒めなければならないタイミングなのですが、病気とは怖いもんですね。もはや盲目となっておりまして、前進あるのみです(笑)。

流石に少し心配になってきたので、バイコムという会社から発売されているバクテリアを購入し、水槽内に散布しました。少しはこれで落ち着いてくれるといいのですが・・・。

サンゴはさらにオオバナサンゴ、マメスナギンチャクを追加。ディスプレイの補助としてフジツボの殻も手に入れました。

DSC02166_R.JPG

DSC02161_R.JPG

DSC02162_R.JPG


加えて、イエローヘッドジョー、ナンヨウハギ、ミズタマハゼ、ハタタテネジリンボウ、ランドールピストルシュリンプが投入されました。

ハタタテネジリンボウはランドールピストルシュリンプと共生するはずなのですが、二人とも投入後一夜にして姿を消し去り、現在安否不明です。心配です。

DSC02164_R.JPG

ミズタマハゼ、ナンヨウハギは家内と子供たちのお気に入りです。
小さなナンヨウハギはかなりリスクが高いと思いますが、なぜか購入してしまいました。

DSC02149_R.JPG

DSC02170_R.JPG



そしてイエローヘッドジョー。私のお気に入りです。

DSC02165_R.JPG

癒されますね。運よく、水槽前面に巣を作ってくれました。この巣にヤドカリやらマガキガイが侵入するので、それを取り除く(正確には遠くに放流)のが私の日課です。



水槽の全景を動画で撮ってみました。
個人的にはいい感じになってきたと思っています。



ライブロックからは様々な生命体が出現しているようです。
ある時、ウミケムシの存在に気付き、マジでビビりました。いつか駆除してやろうと考えています。




さて、実家の両親に孫の顔を見せに行ったところ、私が子供の時に使っていた服をくれました。

DSC02141_R.JPG

なんか感慨深いですね。
綴りが微妙に違っているところが痛いですね。時代を感じます。

親のありがたみは充分骨身に染みているんですけど、我が子を思う気持ちを知った今、両親への感謝の気持ちはとても言葉では表しきれないです。頑張って親孝行しなきゃいけませんね。


クリックお願いします。

にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ



posted by m-yamaki at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 海水魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/224215530

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。